フリーターを考えてみる

企業の雇用形態の変化と不景気が原因での業績悪化によるリストラ。
フリーターは年々増えてきているようです。

ドクター、ライター、ファイターと同じように、フリーターとはある種の特徴をもつ人たちのことを言いいます。
そう、フリーターとは定職につかずに、アルバイトをしながら生活する
人のことです。ある意味、今の時代にあった生き方なのかも知れません。

フリーターと聞くと、若者をイメージしがちですが、意外と退職をされたような年長の方や主婦の方など中高年のフリーターの方も少なくないようです。
では、そんなにも幅広い年齢層の人々からなるフリーターとはどんなメリットがあるのでしょうか。

フリーターとはある人にとっては自分らしく、自分に合っているため評価されている生き方ですが、賛否両論なのが現状です。
フリーターになる人の理由は様々です。
自分のやりたいことが見つけられないためフリーターになり、自分探しをしている人がいる一方で、自分のやりたいことのためにあえてフリーターという生き方を選んでいる人もいます。

タグ:就職
posted by 失われた世代 at 15:41 | Comment(0) | フリーター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。