解雇と失業率

昨年10月から今年12月までに職を失ったか、失うことが決まっている非正規雇用労働者が10月の時点で、9月調査時より5556人増えて、24万4308人になったそうです。
24万人って、自分が住んでる市の人口の2倍以上なんですけど・・

非正規雇用労働者だから、派遣労働者や期間労働者、請負労働者なども含みます。その中でもパート労働者は、解雇が1万7162人で、前月比で2421人増と突出して増えました。「派遣切り」から直接雇用の「パート切り」に移ってきているんですね。

フリーターにとってもパートを掛け持ちしている人が多いから、これから年末にかけて情勢が厳しくなる恐れがあります。昨年の大晦日に「派遣村」が話題になったけれど、今年の年末はどこかの公園に「パート村」が出来るかも。

一方で、9月の完全失業率は5.3%と前月に比べ0改善したみたいです。改善は2カ月連続だそうで。。9月の有効求人倍率も2年4カ月ぶりに改善したみたいですが、0.01ポイントというレベル。
未だに有効求人倍率は0.43倍ですからね。

何か、簡単に出来る仕事を探さなきゃ・・



スキ間ビジネス - 副業、独立起業、在宅情報



タグ:雇用
posted by 失われた世代 at 15:09 | Comment(0) | 雇用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。