フリーターとニートの定義

フリーターとニートって、同じ立場に考えられがちですけど、違うんですよね!!

フリーターにも2通りの解釈があって、厚生労働省の定義は、フリーターという立場を選択している人、つまり正社員になりたくない人。内閣府の定義は、フリーターにならざるを得ない立場の人、つまり正社員になれない人を含むという違いがあるんです。

一方のニートは、4つの「非」で定義されています。非就業、非求職、非通学、非家事ですね。要するに・・仕事もしてない、学校にも行っていない、家事手伝いでもないし、仕事を探している訳でもない。。
毎日、何してるんでしょうかね??フリーターで時間に追われている自分には、羨ましい気もしますが・・。
タグ:フリーター
posted by 失われた世代 at 16:56 | Comment(0) | フリーター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。