娘を売り物にした母親たち 

46歳の男が、1〜12歳の女児の写真を撮影したり、1歳と12歳の女児に性的暴行を加え、それぞれの母親には1回につき数万円の報酬を渡していたという事件を知ってますか?

犯罪病理学の教授は「金銭的に余裕のある人間は、女性とのコミュニケーションを金で済ませようとする傾向が強い」と指摘していますね。
そんなふうに歪んでしまうなら、金なんか持って無くてもフリーターの方がいいかも・・なんて考えてしまいます。

ただ、問題は容疑者よりも母親だな。
出会い系サイトなどで知り合った男の要望に応じ、デジタルカメラや携帯電話で娘の裸の画像を撮影し、メールで送信するパターンで、現金約300万円を受け取っていた母親もいたらしい。。300万って、自分の年収より多いじゃん!!

その理由が「ブランド品を買ったり、レストランに行ったりするうちに生活費がなくなった」だって。。

子供を犠牲にする前に、自分で稼ぐこと考えましょうや!!

費用0円!努力や知識も必要なし!初月から100万円稼いだ方法!ブログ・メルマガ・SNS・頭使いません!全額返金保障付
タグ:不況
posted by 失われた世代 at 15:01 | Comment(0) | 不況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。