金とプライド

「低所得者への一律年金加算見送り」を聞いて、ブログを書きたくなった。1年半ぶりくらいの更新ですね。

こういう法案自体、見送られて初めて知ったんですけどね。年金低所得者って、要は年金を納めて無かったから、貰える年金が少ないってことじゃないんですか?
それを加算して保護するって・・。

「文化的で最低限度の生活保障」は、基本的人権の尊重になると思いますけど。
でも、若いときから真面目に働いて、税金や年金を真面目に納めた人と、遊んできた人の差はあって然るべき!!

私事ですが、結局、介護施設に就職したんですよ。忙しくて、ブログも放置していましたが・・。
キツイ・汚い・給料安い、3Kの介護職です。

その介護施設に入ってる年寄りたち・・生活保護者が多いことにビックリ!!
別に、若いときから身体を壊していたような連中じゃないんですよ。ただ、若いときに遊んでいたから金が無い!それで夫や妻や子供に見放されて行き場が無い!!
だから、生活保護を受けて、ぬくぬくと施設で暮らしている!!

確かに80歳、90歳の高齢者ですけどね。そういう連中に限って、口癖のように「金を払ってるんだから・・」って。
オイオイ!!自分で汗水たらして手にした金じゃねぇだろ!!みたいな。。
まぁ、せっかく1年半ぶりに更新したので、具体的なことは追々書いていきましょう。今日は、この辺で。。
posted by 失われた世代 at 20:21 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。