ギャンブル国家

宝くじの売り上げを回復させるため、1等の当せん金の上限を現在の3億円から7億5000万円に引き上げる方針を総務省が決めたようですね。

宝くじって、結局はギャンブルでしょ。その宝くじの売り上げを財源確保に充てるために、宝くじ購入を勧める・・つまり、国民にギャンブルを勧める国って。。

20年位前かな?パチンコに一発台っていうのがあって「ダイナマイト」とか「ソルジャー」とかね。1日で20万とか30万とか稼げた時代がありました。自分も最高で日に24万稼いだことがあったけど・・。それで皆が一発逆転を夢見て金をつぎ込んで、多重債務とか自殺者とかが多発して、出球が規制されたんですよね。それ以来、パチンコに夢が無くなって止めましたけど。。

結局、そういうことになるんじゃないの?7億5000万円の当選を夢見て、家計費を宝くじの購入に注ぎこんで破綻する人が出てくるんじゃないの??運任せの宝くじなんて・・。

ただ、昔・・「週刊現代」だったか「週刊ポスト」だったか、ロト6の予想を連載している人が居たんですよ。自分で数字を選べるロト6の当選番号は、ロト球の配列によって決まるとかで。あれは見事だった!!まぁ、一点買いじゃなくて元手も掛かったけど、確実に利益は出ました。3万円分買って5万当選とかね。

あれ以来、ロト球には一目置いてるんですが・・。「ストライク・ロト6」っていうのは1点買いが出来るみたい。全て購入しても10口、つまり3000円分。興味があったら、無料レポートだけでも貰ってみてください。1月31日までの限定だから。。


ストライク・ロト6


  






posted by 失われた世代 at 14:47 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。