フリーターとニートの定義

フリーターとニートって、同じ立場に考えられがちですけど、違うんですよね!!

フリーターにも2通りの解釈があって、厚生労働省の定義は、フリーターという立場を選択している人、つまり正社員になりたくない人。内閣府の定義は、フリーターにならざるを得ない立場の人、つまり正社員になれない人を含むという違いがあるんです。

一方のニートは、4つの「非」で定義されています。非就業、非求職、非通学、非家事ですね。要するに・・仕事もしてない、学校にも行っていない、家事手伝いでもないし、仕事を探している訳でもない。。
毎日、何してるんでしょうかね??フリーターで時間に追われている自分には、羨ましい気もしますが・・。
タグ:フリーター
posted by 失われた世代 at 16:56 | Comment(0) | フリーター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大卒のフリーター

大卒のフリーターって聞いたことありますか?
自分も一応、大卒です。関西にある某外国語大を。。

今は大学を卒業したからと言って就職先が保証されている時代ではありませんよね。新卒で就職に失敗し、ひとまず大卒フリーターになっている人がいるようです。

また、自分もそうですが、一度は就職したもののいろいろな事情により辞めて、大卒フリーターに転じているという方もいるようです。

同じ「大卒フリーター」でも、一度就職をして辞めてている場合と新卒での就職に失敗してフリーターをやっている場合とでは状況が異なると考える人がいるようです。

また、大卒でのフリーターと高卒フリーターとでは正社員としての就職への思いに温度差があるような気がします。
大卒のフリーターの方が正社員への想いが格別強いように思います。
正社員としての就職への切符をもらったように思った大学への合格通知。

大卒のフリーターは、それが間違っていたことを経験し、自分がこれからずっと就職できないかもしれないという不安と自尊心を傷つけられたように感じている人がいるようです。

大卒のフリーターと高卒正社員を比べたときにどちらが良いかというとちょっと悩んでしまいますね。
大学卒業資格はあるが正社員ではない大卒のフリーターと大学卒業資格はないが高卒で正社員になり何年もたつ人。
昔のように大学へ行ったから就職できるというのではなく、お金を払って大学まで行フリーターになるよりは、高卒正社員を目指した方がいいと考える人も当然出てくるでしょう。

人生にはいろいろな道があるといいますが、どれが本人にとって一番良かったかなどは、結局死ぬまでは分からないかも知れません。


あおもりうまいもん市場





タグ:フリーター
posted by 失われた世代 at 13:24 | Comment(0) | フリーター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フリーターの生活

フリーター生活をしている人は大きくふたつに分かれると思います。
今のフリータとしての生活に満足している人と、満足していなくて、いずれは就職しようと考えている人です。

実際、フリーター生活が快適になるかどうかは、収入によって変わってくる気がします。
収入が多ければ、フリーター生活も快適になり、今の生活を続けていきたいと思うことでしょう。
では、現実的にどれくらいの収入をフリーターで見込めるのでしょうか?

フリーター生活をしている人の中には一人暮らしや親元にいる人が多いようです。
また、都心部では複数のフリーターとシェアルームをして、共同でフリーター生活をおくっている人もいると聞きます。
シェアルームだと、基本的にかかる家賃などを低くおさえることができるので、フリーター生活も快適になるかもしれませんね。

でも、たとえば結婚して子供ができたとき、家族を養いながらのフリーター生活とは本当に実現可能なのでしょうか?
最近ではフリーター生活をする人が増えてきて、注目されていますから、以前より生活をしやすくなってきているようです。

でも、まだまだフリーター生活をする人にとって不利な状況は多いように感じます。
例えば、クレジットカードを作るときや借金やローンを組んだりするときにその影響が出てくるようです。
要は、支払い能力があるとみなされればいいわけで、支払い能力があり、お金の蓄えもちゃんとあるが、フリーター生活をしている人に、フリーターであるというだけで物を売らなかったり、クレジットカードを発行しないというのはおかしなはなしのような気がしますけど。


タグ:フリーター
posted by 失われた世代 at 17:09 | Comment(0) | フリーター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。